++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 ■家を建てたいと思ったら読む本を集めました。
              ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
  ここの紹介した本は、家を建てるためのノウハウ本ではありません。
  だから、
  自分の家を建てたいなーとふと思ったとき、予定は決まっていないけどいつかは建てたいなーと思うとき
  そんなときに読んでみてほしいと思います。
  家を建てるのは、自分たちを見直すよいきっかけであることがわかると思います。
  きっと、力になってくれると思います。

 家を建てたいと思ったら
 読む本リスト
宮脇檀の住宅設計テキスト
それでも建てたい家
宮脇檀の「いい家」の本
宮脇檀の住宅―1964‐2000
カーサ・バラガン
小さな家
ありえない家
 トーキョー狭小住宅物語
図面を引かない住まいの設計術
渡辺篤史のこんな家に住みたい
イギリスの家を
1000万円台で建てた!


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
宮脇檀の住宅設計テキスト
宮脇檀建築研究室

宮脇檀の住宅設計テキスト

 住宅の設計を通してみえてくるもの

住まいは、その人の考え方や生き方をあらわすものです。この本は、住宅設計のノウハウを詰め込んだテキストですが、それは、技術だけの話にとどまりません。だから、家に興味のある一般の読者にとっても、大変興味深いものだと思います。
この本は、設計のテキストではなく、住まい方の手引き書です。

それでも建てたい家
宮脇檀

それでも建てたい家

 建築家に依頼すれば後は幸せに家が建つ
 ・・・とまさか思っていないでしょうね?

宮脇さんの独特の語り口で、家を建てるということを、順番にひとつひとつお話してくれます。
盛りだくさんのお話を読み終わった後、それでもあなたは家を建てたいと思っているでしょうか。

宮脇檀の「いい家」の本
宮脇檀

宮脇檀の「いい家」の本

 もっと家について考えよう

リビング、書斎、子供部屋・・・本当に必要なの?
今まで家なんてこんなもんだ、と思っていただけではないですか?
自分たちにほんとうに必要なものは何なのか。人がよりよく生きていくために家はあるのです。
もう一度、自分たちのことを自分たちで考えてみませんか。

宮脇檀の住宅―1964‐2000
ギャラリー間編集

宮脇檀の住宅―1964‐2000

 宮脇檀の住まいとは何なのか

宮脇檀の住宅作品集。
実際に設計した住宅から、見えてくるもの。
そこから、私たちが家作りで目指す方向を見つけてみてはどうでしょうか。

カーサ・バラガン
齋藤 裕

カーサ・バラガン

 美しい家を欲しいなら、これを読め

メキシコの建築家、ルイス・バラガン(1902-1988)。
美しいバラガンの作品の数々に、
建築とは何か、
住まいとは何か、
を考えさせられます。

小さな家
ル・コルビュジェ

小さな家

 コルビジェの小さな家の小さな本

ル・コルビュジェが、スイス・レマン湖畔に、年老いた両親の為に建てた小さな(18坪)の家。
コルビジェ自身が、その家について、彼自筆のデッサン画なども加えつつ語ります。
小さくかわいらしい本ながら、そのなかの世界は広く深いものです。

ありえない家 トーキョー狭小住宅物語
細野 透著

ありえない家
トーキョー狭小住宅物語


 常識を覆すからこそ面白い

ありえない家のおはなしが3件。
東京の狭い土地に建てる家々の話ですが、狭いのが問題ではないのです。
難問に立ち向かうパワーと、そぎ落とされる要望。本当に必要なもの、必要なことが見えてくるのです。
それが、非常識といわれても、きっと大切なものはしっかりと守られているはずです。

図面を引かない住まいの設計術
山口 昌伴

図面を引かない住まいの設計術

 図面はまだまだいりません!

家を建てるときに、すぐに図面を見たくなる。または、すぐに図面を見せる。部屋が何個でどうのこうの・・・
でも、家を建てるときに必要なのは、まずは図面じゃなくて考えること。洗い出すこと。
私たちの住まい方を導き出すのは、図面なんかじゃないんだ!

渡辺篤史のこんな家に住みたい
渡辺篤史

渡辺篤史の
こんな家に住みたい

 やっぱりコレははずせませんね。

「渡辺篤史の建もの探訪」は、やはりはずせないところでしょう。
  
▼他にも色々出ています。
元気が育つ家づくり
▼DVDも出ています。
渡辺篤史の建もの探訪 - スタイリッシュ編

イギリスの家を1000万円台で建てた
井形 慶子著

イギリスの家を
1000万円台で建てた!

 家づくりは、パワフルにいかなければ!

とにかく妥協せず、納得のいく家づくりをするには、なんといってもパワーが必要なのです。
色々な状況に、妥協したくなるけれど・・・
この本からは、勇気と情熱を分けてもらいました。