さて、「スリッパの問題」を考える


「スリッパはどこでぬぐのか」

いまの(もしくは今までの)生活のなかで考えてみると、スリッパの存在というのは、けっこう悩ましい存在であることに気づく。
たとえば、どこかの家にお邪魔する。
とりあえず、玄関でスリッパが並べてある。履かなくてはいけないのだろうか、と一旦躊躇するが、こうして目の前に並べているのであるから、「履いてくれ」ということなのだろうと判断し、履いてみる。
目の前にきちんと並べられたスリッパを見ながら、どうするもんかと悩んでしまう。特に悩んでしまうのは、家の人がスリッパを履かずに出てきたとき。
履かなくてもいいのかな。と悩む。

とりあえずスリッパを履いて、居間に通してもらうのであるが、履いたら履いたで、今度はスリッパをぬぐところで悩むのである。
たとえば、リビングに行ってみると、マットを敷いて座卓が置いてある。
当然座るわけだから、スリッパはぬぐことになるのだが、そのマットの前でぬいでみると、なんだか家のなかでお花見をしているような感じになる。その上、くつろいできたところで、ふと手に何かがさわると思ってみてみると、スリッパがすぐ目の前にある。また、花見の席を思い出す。
座卓で無いにしても、マットを敷いてソファが置いてあったりすると、スリッパのままでいいのかしらん、と悩んでしまう。

これは、何が悪いのでもなく、たぶん私たち、日本人の文化の中に染み付いた意識にある。
わたしたち日本人は、家の中では裸足の文化である。畳や床の上を裸足でぺたぺた歩いている人種である。「家の中では靴を脱ぐ」が本能的にあるわけで、特に敷物の上などはたとえスリッパであっても
抵抗を感じるのは仕方の無いことではないか。

けっきょく、日本人の大半にとってスリッパは「要らない」のではないのか。
スリッパの生活は、無理があるのではないのか、とのことになってくる。

わが家は、部屋ではぺたぺたと裸足で歩き、ごろごろとねっころがる、ということが基本なので、スリッパで部屋に入ること自体しない。
であれば、来訪者には「スリッパ案内」として、靴をぬいだ後、玄関からスリッパを履いてあがってもらったとしても、ここからはスリッパで来るな!というところで、
「ここで、スリッパをおぬぎください」、と看板を立てておこうかと思う。
はっきり明示してあげるのが親切というものだ。
宮澤賢治の『注文の多い料理店』みたいで、良いではないか。

しかし!
スリッパはぬいでもらいますが、汚い足(臭い靴下も!)はお断りです!
(これも看板にかいておこうっと。)


悪戦苦闘日記目次へモドル