現在地は、2F三間堂です。


三間堂
長いテーブル 三間堂を見下ろす

土地が決まって、最初にでてきたアイディアがこの三間堂でした。

長い廊下がそのまま作業スペース。

その廊下と同じ長さの机がある。
そして同じ長さの本棚。

その長さ、三間。

だから三間堂。

なんたる贅沢!

以来、このスペースは最後まで死守する形で、家づくりは検討されました。

このながーい机は、木とかガラスとか様々考えたあげく、白いコーリアン(人工大理石)を採用しました。
工場でこの長さにした板を持ってきての取り付けだったので、それはそれは大変だったようです。
朝、6時にやってきてブリッジから吊り上げたそうです。
間口も狭いし、木は立ってるし、さぞかしたいへんだったことだろうと思います。

ここは、細長いわが家の特徴が一番出ている象徴的な場所でもあり、
そしてまた、散かしやのツマが、茶の間にモノを散乱させないための、オットの防御策でもありました。


しかし、ツマが所蔵する溢れる本の為につくった本棚は(実は足元も本棚なのですが)、
引越して早々一気に埋まってしまい、オットが落胆してしまった事実も、ここに付しておきます。


図面にモドル